top of page

種の法則から見た お金に愛される10の言葉

更新日:2022年10月31日



1.お金は火のようなもので、料理を作れるという便利な面もありますが、家を燃やすという危険な面もあります。


 お金の正体を知ることが大事です。


 お金がすべてではありませんが、


お金がなければ困ることばかりです。

私たちの日常生活では、お金で解決できることが多く、豊かな生活に憧れる人も少なくないでしょう。


 しかし、お金がどこから来るのかを知り、それを正しく使えば、もっと多くのお金を生み出すことができるはずです。





2.経済的自由というのは、お金をたくさん稼いでいるという意味だけでなく、お金の欠乏感を完全に手放すような考えを持つことを意味しています。


 私たちはお金を増やしたいと思っていますが、お金が増えれば悩みがなくなるのでしょうか?


 人によっては、収入が高くても、出費も多かったり、驚くほど売上高がある企業であっても、コストや経費などを差し引くと利益はほんの僅かだったり、、、というケースは少なくありません。もちろん、このような残念な結果は私たちが望むものではありません。


 いまからお金に対する欠乏感や恐怖


というようなマイナスな感情を手放し、心からお金を受け入れましょう。



3.うまくいくときもあれば、そうでないときもある:つまり、うまくいかないのです。100%有効な方法を探さなければなりません。


 お金を稼ごうと思ったなら、100%うまくいく方法を見つけなければ、時間の無駄になってしまうのです。


 例えば、あなたが飛行機に


搭乗する前に、カウンターで「若いパイロットが多く、100%安全に着陸できる保証はないので免責事項にサインしてください」と言われたら、あなたは、そこにサインしますか?

 もし飛行機に乗るなら、100%目的地に着ける飛行機に乗りなさい。99%着けるけど、1%墜落するような飛行機には乗らないことです。



4.この世界のあらゆるものは、私たちの意識の種から来ているのです。


 「ペンの話」によると、私たちが見ている人、もの、出来事のすべてが向こう側から来ているように見えますが、実は私たち自身の意識から来ているのです。


同じように、お金もそうです。



5.意識の種は、私たちが日々行ったこと、話したこと、思ったことによって、蒔かれたものです。


 24時間稼働しているプロジェクターのように、私たちの行動、言葉および思いをそのまま映像として、スクリーン(現実)に投影するのです。





6.「ペンの話」は、この世界のあらゆる物事が「実際」にどのように機能するかを理解するのに役立ちます。



 これにより、100%経済的豊かさを実現できるのです。

 

 「ペンの話」をより深く学び、物事の実際の働き方を理解していけば、お金だけでなく、理想のパートナー、健康な身体、さらに安らぎと喜びの意識を創り出すことができます。


 そして、より多くの人を助けることができるのです。



7.「4ステップ」でタイムラグを短縮し、より早く結果を出すことができます。


 せっかく蒔いた良い種を開花させるのに、時間がかかりすぎて、100年後まで待ちたくないのであれば、4ステップを実践することは最適な選択です。 



8.「ペンの話」が本当であれば、ビジネスの業績を上げるには、ライバルと競争することではなく、4ステップを実践していくことによって、だんだんよくなるのです。


 ビジネスにおける成功とは、受注を競うことではなく、競争相手の成功を手助けすることによって自分の成功が成り立つのです。



 商売は競争から生まれると思うかもしれませんが、実際は競争から受注が生まれるのではなく、他人を助けることから生まれ、業績の向上へと繋がります。



9.この世にある富の量は無限です。


経済学者の間では、世界の富の総和はピザのように決まった枚数であるというのが一般的な認識です。


 一つのピザは8切れありますが、みんなが1切れずつ食べたら、足りなくなるという問題があります。


しかし、この世の富の量はピザと違っ


て、無限にあるのです。



10.本当に人を助けたいのであれば、4ステップを実践することによって、成功し、それを人にも教えてあげましょう。


 誰でもお金の自由を手に入れたいですよね。私たちができることは、まず自ら4ステップを実践することです。


4ステップの実践によって、成功したら、より多くの人に伝えましょう。




そうすることで、みんなが幸せになれるでしょう。


閲覧数:217回0件のコメント

Comments


bottom of page