top of page

4ステップで、自信を持ち続けるには、どうしたらいいのでしょうか?





4ステップで自信を高める方法とは?

「ペンストーリー」を聞いたり、スターバックスの4ステップを学んだ時、「100%効果的な方法」があると知った時、すごくわくわくしたのではないでしょうか。


そして、すでに4ステップの順番通りに実践されていることでしょう。

ただ、しばらく継続していても、何も起こらないことに落胆することもあるでしょう。

4ステップを実践することに疑心暗鬼になるかもしれません。 種が開花し、目標が達成される前に、種のシステムに対する自信を保つにはどうしたらいいのでしょうか。


自分のために、小さな実験をやってみよう!

アリソンさんは、種のシステムを学ぶ上での信念はとても重要なことで、何を実現しようとしているかに関わらず、信念の堅さが直接影響を与えると信じています。特に初心者の方は、十分な信念がないとやり続けることは難しいでしょう。


まずは、小さな目標を立てて、3カ月から半年くらいかけて、効果があるかどうか試してみることをおすすめします。たとえ小さな変化であっても、自分が変わったかどうかを自分で検証するといいでしょう。


その変化を少しでも実践し、実感したならば、自信がつき、その後もどんどん種を植えていくことができるからです。


例えば、お金のために小さな目標を立てて、種を植えることによって、目標が達成できた時、喜びと共にさらに周りにも与えたくなると思うでしょう。 自分自身の実体験を通して、より自信を持つことができるのです。


この種のシステムが本当かどうかについて、自分自身に検証するチャンスを与えてみましょう。そのためには、花が咲くまで根気よく種を植え続ける必要があります。

断念したくなったとしても、せめて初めて種が開花するという実感ができるまでは、実践し続けましょう。そうすることでもっと確信できるようになるはずです。


種のシステムを自分の人生哲学にしよう!

この種のシステムが本当だと確信できれば、非常にめでたいことです。なぜなら、100%成功と幸福を手に入れる方法を獲得できたからです。あなたはもう、90%うまくいって10%うまくいかない方法や、時々効き、時々効かない方法を信じなくなります。


そして、この方法が自分だけでなく、他の人の役にも立つことを実感するはずです。もしあなたが投資家であれば、この投資対効果がいかに魅力的であるかはお分かりいただけると思います。


アリソンさんは、2010年に『ダイヤモンドの知恵』という本と出会い、この本を通して、幼い頃に親に教わった「親切で誠実な話をすること、周りの人に優しく接すること、先生方を尊敬すること」などに対する理解をより一層深めました。そして、なぜそうする必要があるのかも納得しました。


アリソンさんはそれ以来、DCIGの講義で翻訳の手伝いをし続けているのです。彼女の最初の実践としては、周りに知恵を学べる環境があってほしい、より多くのメンターや仲間に出会いたいとの目標を設定しました。すると目標達成と共に、知恵の勉強や奉仕する機会をたくさんいただけるようになりました。


あなたを守ることができるのは良い種しかない!

アリソンさんはコツコツと知恵のためにたくさん良い種を植えてきたことで、卒業後初めての仕事はゲシェマイケル先生のもとで働くこととなりました。彼女にとっては、種を植え続けることが、DSEU大学の校長になった今の自分を支えている鍵のような存在です。


ゲシェ先生のお母さんは、昔、ゲシェ先生に「深海の底にいても、暗闇の中にいても、嵐のような環境にいても、深い罪悪感の中にいても、自分を守ってくれるのは、自分がした善行と自分が蒔いた善の種だけなのです」という言葉を贈っていたそうです。


種のシステムの信心を高める方法を見つける必要があり、そうすれば、人生はもっとスムーズになります。挫折や困難が訪れたとき、より強い決意と自信をもって臨むことができるでしょう。


この信心は、どんな状況でも善なる行いの原動力となり、その善行が生涯にわたってあなたを守ってくれるでしょう。


閲覧数:146回0件のコメント

Comments


bottom of page