top of page

4ステップの効果をより良く実感できる秘訣



金持ちも貧乏の人も、性別も国籍も関係なく、誰もが等しく持っているモノは何でしょう。 それは、「時間」です。 1日は24時間、1週間は168時間、1年は365日、どこに住んでいても、どんな人であっても、みんな同じ時間を持っています。


種の成長を早めるにはどうしたらいいのでしょうか?

1時間には60分ありますが、あなたはその60分をどのように効率的に使っていますか? もし、あなたが植えた種をより早く開花させ、より早く目標を達成したいのであれば、この鍵を握り、時間を最大限に活用する必要があるのです。実は、無料で種の成長を早める方法があります。それは本を読むことです。


種の法則や「空」の概念を学ぶことは、4ステップの実践効果をはかる時非常に重要になります。よく考えてみると、「ペン」の話を通しても、すべては自分から生じていることが理解できても、正直に言えば、実際の日常生活ではその「ペン」を失ってしまうことが多いことに気づくはずです。

怒りや不満、勝手に決めつけることなどのネガティブな感情にとらわれてしまうのが、その証なのです。


もし「すべてが私から来ている」のであれば、私を怒らせる相手も、きっと私から来ているのです。それが真実なら、なぜまだ怒っているのでしょうか。それは、私たちが悪い性質を持った人や物、事柄が私たち自身からきていることを認めたくないからです。


読書を通して、種や空(くう)に関する内容を学び続ければ、そのすべてが私からきているという信念を強めてくれるのです。


古い経典には、尊敬する先生のためにバスケットコートをダイヤモンドで埋め尽くして献上しようとしたら、無限の良い種を蒔くことになると記されています。しかし、もう一つの行いを実践すれば、それよりもより大きな種を蒔くことができるのです。それは、読書です。


意識の種と空に対する理解を深める種というのは、尊敬する先生にダイヤをプレゼントすることよりも素晴らしいです。そのため、種をより大きく、より早く実らせたいのであれば、必ず本を読みましょう。



1/24及び60という数字の秘密

1日は24時間、誰にでも平等に24時間あります。 種を早く強く育てたいなら、1日のうち60分を古典の読書に費やすといいでしょう。朝に60分も読書する時間がないのであれば、1日に60分読めるように、1日の中で読書時間を均等に分ければいいのです。


Maxさんは人生で最も落ち込んでいたときに、毎朝4時半に起床し、ヨガ、瞑想、読書を始めました。彼はたくさんの時間を使い、本と向き合い、細かいところまで本の内容を吟味していたというような努力をされていました。

 

種の法則から言えば、苦境を生み出すのは過去の間違った習慣や思考によるものなので、それを逆転させるために、彼は1日1時間は読書に励むようにしているのです。

 

同じ失敗を繰り返さないためには、知恵の理解を深めることが唯一の方法なのです。そのために、本を読むとき、内容をなるべく深くまで理解し、答えを見つけようとするといいでしょう。



意識のエクササイズ

本をどのように読めばいいでしょう?

例えば、『ダイヤモンドの知恵』の中には、7つの素晴らしい資質が紹介されています。そのうちの一つは、自分の事業が成功し、理想的な収入を手に入れるという夢を実現させたいのであれば、他人に優しく寛大な心を持ち続けなければなりません。布施や寄付することによって、潜在意識の中に正しい種を蒔きましょう。


どのように勉強すればいいでしょうか?

ここで、自分にいくつかの質問をしてあげましょう。

・自分の事業を成功させ、収入を増やしたいなら、どのような行動をとればいいか?

・寛大な心を持つというのは、一体どういうことなのか?

・もっと寛大になるために、自分を鍛えるにはどうしたらいいのか?

・なぜ行動や言葉ではなく、「心」の寛大さについてなのか?

今は答えが出ないかもしれませんが、思考を止めないでください。


もし、これらすべての問いに答えがあるのなら、さらに深めていきましょう。

なぜ、心の寛大さが「7つの素晴らしい資質」の1番目なのか?

1番に優先させることが最も重要という意味であれば、なぜ重要なのか?

寛大な心がなければ、どうなるのか?

思考を止めないでください。今答えがなくても大丈夫です。考えている間に、あなたは種に栄養をたくさん与えているのです。

この考える過程は、素晴らしいコーヒー瞑想なのです。


今こそ、行動を起こすタイミングですよ。一日のうち、どれだけの時間が無駄になっているのかを把握し、その時間を毎日の勉強や実践に費やしましょう。

閲覧数:22回0件のコメント

Comentarios


bottom of page