top of page

パートナーとの関係を維持したいのであれば、一緒に種を植える必要があるのでしょうか?


Q:結婚生活において、良い関係を維持しようとするならば、お互いが同時に良い種を植えなければならないのでしょうか。片方だけが種を植える場合は、安定的なパートナーシップを維持することができるのでしょうか?



パートナーシップは誰の種で決まるのか?

今、少し立ち止まって、世の中のことを想像してみてください。高速道路を行き来する交通量や、世の中の人々が今それぞれ何やっているのかを考えてみたら、とても興味深いことだと思います。


同じタイミングで、誰もが意識の種を蒔き続けているのです。世界には80億人の人々がおり、誰もが自分の行動や言葉、思考を通して、種を蒔いています。個々の種も毎秒65個のスピードで次々と開き続け、それが一つの世界で融合できるなんて、想像もつかないほどすごいことです。


例えば、私がバナナの種を植え、もう一人がスイカの種を植えたとします。私たちが隣同士に座り、バナナとスイカを同時に私たちの目の前に現れるにはどうしたらいいのでしょうか?その場合、種同士がトラブルしてしまうのでしょうか。


夫婦関係において、夫がブドウの種を植え、妻がレモンの種を植えた場合、最終的な結果は誰の種で決まるのでしょうか。



コップ一杯の水の理論


このような質問の答えは、古い経典にあります。「コップ一杯の水」という哲学的な考え方があり、テーブルの上に置かれた一杯の水を二人が同時に見ると、異なる内容が見えると書かれています。

一人はコップ一杯の水に見え、もう一人はコップ一杯の血液に見えるかもしれません。


つまり、同じものを見ていても、その二人がそれぞれ持っている種が違うからです。種の性質として、あるものが同時に異なるものになりうるということがあります。人によって種が違えば、見え方も違ってきます。


二人は同じ場所に座り、テーブルの上には食べ物が置いてあります。 そのうち一人はバナナ、もう一人はスイカに見えるという可能性も十分あります。


では、結婚生活の種は、誰が蒔いているのでしょうか?夫婦二人とも種を蒔き続けているのですが、それぞれ感じた夫婦関係は異なるかもしれません。この夫婦関係において、旦那さんが持っている種が力強く良い種がたくさんあるなら、毎日幸せで満足しているのに対し、奥さんが持っているほとんどの種が良い種ではないなら、毎日イライラして、不満ばっかり感じています。


どちらが正しいのでしょうか?

私がいまペンを持つと、人はそれをペンだと思い、犬はそれを噛むおもちゃだと思うかもしれません。では、一体ペンなのか噛むおもちゃなのか、どちらが正解なのでしょうか?

答えは、どちらも正しいです。


つまり、結婚生活において、旦那さんは幸せで、奥さんは不幸を感じ、その二人はどちらも間違いありません。 種の法則では、この考え方は問題ないのです。


この婚姻関係をどう見るかは夫婦それぞれの種から由来しているものです。もしあなたが非常に良い種を持っていれば、結婚生活を楽しんでいる旦那さんの姿も見られるかもしれません。


種のシステムでは、あなたは夫婦関係を変えることができます。喧嘩したり、冷戦したり、アドバイスを求めたり、相手を変える必要はありません。


どんなことでも、種を変えて、そしてよい種を植えれば、望む未来を実現することが可能になります。それは、非常に素晴らしいことで、とてもシンプルな解決策です。


つまり、あなたは自分の人生をコントロールすることができ、望むものは何でも実現できるのです。ただ、それがあなたの種から来るものだと知っておいてください。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page